トップページ > フード > 調味料・レトルト > 2013年 袋物惣菜の市場分析調査

2013年 袋物惣菜の市場分析調査

急成長するサラダ・野菜煮物市場
2013年 袋物惣菜の市場分析調査

商品番号 mr130130078

価格87,000円(+税)

CD-ROM(レポートPDFを収録)を同時に購入する
レポートを購入いただいた方に限り販売しております。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
【概要】
2011年度の袋物惣菜市場は前年比1.7%増の2,552億円となった。カテゴリー別では、洋風が構成比50.2%の1,281億円、和風が同27.1%の691億円、中華が同22.7%の580億円となっている。

袋物惣菜の市場は、保存性に優れ、調理が簡便、少量ニーズにも対応する商品特性が消費者ニーズを捉え順調に拡大してきた。ここ最近は、従来からあるチキン加工品や餃子、煮豆といった分野の成長が鈍化する一方で、PBの拡大により、野菜煮物やサラダなどの比較的新しい分野は需要が大幅に伸びている。2011年度は広告展開による認知度向上、商品のバラエティ化、各社の積極的な販売活動が奏功し、野菜煮物は前年比26.2%増、サラダは同29.3%増と急成長につながった。

今後も高齢者や単身・二人世帯、共働き世帯が増加することから、簡便性の高い食品へのニーズが強まると予想される。袋物惣菜においても、野菜煮物やサラダ、和洋中惣菜を中心に需要拡大が期待され、2014年度には2,799億円規模に達する見込み。

当資料ではこうした動向を踏まえ、袋物惣菜の市場についてカテゴリー別、種類別の市場データやメーカー別シェアなどを掲載。さらに、参入メーカーの商品分析、売上分析、販売戦略、今後の事業展開についてレポートしており、今後の袋物惣菜事業の拡大に資するレポートとなっている。

《調査対象範囲》
・和風カテゴリー(煮豆、野菜煮物、焼魚・煮魚、豚角煮、おでん、和風惣菜)
・洋風カテゴリー(サラダ、ハンバーグ、ミートボール、チキン加工品、カレー類、洋風惣菜)
・中華カテゴリー(肉団子、餃子、焼売、点心、中華惣菜)



目次
1.市場概況
 1)市場背景
 2)参入企業の特徴
2.商品品揃え分析
 1)カテゴリー別品揃え
 2)カテゴリー別・種類別品揃え
 3)ブランド別品揃え
 4)新商品発売状況(2012年以降)
 5)商品開発ポイント分析
3.企業別品揃え分析
 1)1社あたりの品揃え数
 2)企業別品揃えランキング
 3)企業別種類別品揃え状況
  @和風カテゴリー
  A洋風カテゴリー
  B中華カテゴリー
 4)PBの製造企業一覧
4.市場規模分析
 1)カテゴリー別
 2)種類別
  @和風カテゴリー
  A洋風カテゴリー
  B中華カテゴリー
 3)種類別の市場ポジション
  @和風カテゴリー
  A洋風カテゴリー
  B中華カテゴリー
 4)袋物惣菜市場におけるPBの割合
5.企業シェア分析
 1)NB袋物惣菜の企業別シェア
 2)PB袋物惣菜の企業別シェア
 3)主要な種類における企業別シェア
6.販売方法と販促活動
 1)販売ルート図
 2)チャネル展開と販促活動
7.今後の市場動向
 1)今後の市場予測
 2)各社の今後の展開

個別企業編
日本ハム株式会社
伊藤ハム株式会社
丸大食品株式会社
プリマハム株式会社
石井食品株式会社
株式会社マルシンフーズ
フジッコ株式会社
株式会社小倉屋柳本
カネハツ食品株式会社
株式会社紀文食品
一正蒲鉾株式会社
東洋水産株式会社
八洋食品株式会社

※その他参入企業の商品一覧

調査項目(各社共通)
1.企業概要
2.商品一覧
3.商品の品揃え分析
 1)カテゴリー別・種類別
 2)ブランド別
4.新商品の発売状況と商品展開
5.売上分析
 1)カテゴリー別・種類別売上高
 2)ブランド別売上高
6.販売方法と販促活動
 1)販売ルート図
 2)販促活動
7.今後の事業展開


資料体裁:A4判 111頁
発 刊 日:2013年1月8日
頒  価:87,000円(税抜)

依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。