トップページ > フード > 戦略 > 2014年 食系企業のR&D戦略調査―ロコモ・認知症などの「老化予防」研究が活発化―

2014年 食系企業のR&D戦略調査―ロコモ・認知症などの「老化予防」研究が活発化―

2014年 食系企業のR&D戦略調査

―ロコモ・認知症などの「老化予防」研究が活発化―

商品番号 mr110140182

価格87,000円(+税)

購入商品を選択してください。
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
概要
【調査主旨】
◆健康・機能性製品市場は、2013年度で前年比4.5%増の2兆529.4億円規模となった。消費者の健康意識の高まりを背景に市場は拡大傾向にあり、2014年度では同2.5%増の2兆1,051.6億円規模で推移する見通しとなっている。一方で、近年食系企業を取り巻く環境は、少子高齢化や人口減少などによる国内市場の縮小化と厳しい状況にある。そこで各社は、国内市場の深耕と海外市場の開拓に積極的に取り組む姿勢を打ち出している。

◆国内市場では“健康”をキーワードに、環境変化やライフスタイルの変化に対応した高付加価値商品の開発が活発である。商品開発にあたっては、自社の素材や成分、技術を活かした健康・機能性訴求がポイントになる。具体的には、高齢化社会の拡大を見据えた介護食・流動食の開発と、ロコモティブシンドロームや認知症など「老化予防」に焦点をあてた機能性研究が活発化している。

◆この他、メタボリックシンドローム関連において、中性脂肪の低減、血糖値上昇緩和などのヘルスクレームを持つ新商品が数多く発売された。また、乳酸菌の免疫賦活や抗インフルエンザ作用に関する研究にも注目が集まっている。

◆当資料では、食系企業27社の基礎・開発研究から商品開発動向をレポートしたものであり、@健康・機能性製品事業の推進状況、AR&D戦略の両面から調査・分析を行っている。

目次
【集計・分析編】
1.調査対象企業と健康・機能性製品の定義及び範囲
 1)調査対象企業
 2)健康・機能性製品の定義及び調査対象範囲
2.食系企業27社のR&D分析
 1)研究開発費分析
  @連結研究開発費(全体)
  A食品・飲料関連分野の研究開発費
 2)研究開発人員及びR&D人員比率
 3)1人当たりの研究開発費
3.研究開発分野
4.最近の研究開発成果
5.健康・機能性製品の新商品の発売件数
6.食系企業27社の特許分析
 1)公開特許件数
 2)分野別分析
7.健康・機能性製品の市場分析
 1)総市場規模分析
 2)食系企業27社の健康・機能性製品の販売規模
8.今後の方向性

【個別企業編】
《食品関連企業グループ》
◆味の素株式会社
◆キユーピー株式会社
◆キッコーマン株式会社
◆株式会社日清製粉グループ本社
◆日本製粉株式会社
◆マルハニチロ株式会社
◆日清オイリオグループ株式会社
◆株式会社J-オイルミルズ
◆不二製油株式会社
◆日本ハム株式会社
◆株式会社ニチレイ
◆日本水産株式会社
◆ハウス食品グループ本社株式会社
◆江崎グリコ株式会社
◆森永製菓株式会社

《飲料関連企業グループ》
◆サントリーホールディングス株式会社
◆キリンホールディングス株式会社
◆アサヒグループホールディングス株式会社
◆サッポロホールディングス株式会社
◆宝ホールディングス株式会社
◆株式会社ヤクルト本社
◆大塚ホールディングス株式会社
◆カゴメ株式会社
◆株式会社伊藤園
◆明治ホールディングス株式会社
◆森永乳業株式会社
◆雪印メグミルク株式会社

―調査項目(各社共通)―
1.研究開発体制
 1) 体制図(2014年現在)
 2) 研究開発費及び陣容
 3) 主な特許の公開状況
2.健康・機能性製品事業の展開動向
 1)R&D成果による事業展開動向
 2)主な研究開発成果
 3)健康・機能性製品の販売状況
 4)健康・機能性製品の販売規模
3.健康・機能性製品事業の方向性

【企業別特許一覧】
◆企業別特許一覧

資料体裁:A4判 229頁
発 刊 日:2014年10月10日
頒  価:87,000円(税抜)
依頼調査のご相談はこちら


お探しのデータは見つかりましたか? 上記マーケティングデータを基に最新の情報追加や関連情報を新たに実査するオーダーメイド調査が可能です。TPCマーケティングリサーチ株式会社では、お探しのマーケティング資料以外に、お客様に合わせた資料をオーダーメイドにお作りできますのでお気軽にお問い合わせください。