2014年 アジアのエンジニアプラスチック市場

―需要の高まりに伴う各社の戦略と展開―

商品番号 mr410140153
価格 ¥ 95,700 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


概要
【企画主旨】
◆アジアのエンジニアリングプラスチック市場は、2012年度で前年比5.3%増の約6兆円となった。世界規模でみると、アジアの市場はおよそ30%を占めている。アジア市場は今後も成長していくことが予想される。

◆国別でみると、中国がアジアの中心国として市場を牽引。これにタイ、韓国、台湾、インドネシア、インド、マレーシア等が続いている。近年では、インドネシア、インドといった新興国での展開が活発化。これは、自動車生産台数の増加や電気・電子関連部品における高機能化が挙げられる。特に自動車関連における軽量化の動きが、エンプラ需要の増大に拍車をかけている。

◆日本からの主要な進出国としては、中国、タイ、韓国、台湾等が挙げられる。主な参入企業には三菱エンジニアリングプラスチックス、ポリプラスチックス、旭化成ケミカルズ、帝人、東レ、宇部興産、東洋紡、ユニチカ等が挙げられる。このうち、三菱エンジニアリングプラスチックスとポリプラスチックスの2社はエンプラ専業メーカーである。一方、旭化成ケミカルズ、宇部興産、帝人、東洋紡、東レ、ユニチカは兼業メーカーとなっている。各企業とも主要市場である中国をはじめ、タイ、韓国、台湾、インドネシア、マレーシア、インドにおいて、生産もしくは販売拠点を拡充することで、アジア市場の需要増に対応している。

◆本調査レポートでは、アジア対象4ヶ国を対象に、エンジニアリングプラスチックの市場分析、今後の市場性について調査を実施。これに加え、各国におけるエンプラ事業の戦略・展開を詳細にレポートしている。当該資料が、成長著しいアジア進出の一助となれば幸いである。

【調査対象地域】
中国、タイ、韓国、台湾

【調査対象商品】
汎用エンプラ スーパーエンプラ

目次
【調査概要】
【市場編】
1.調査対象範囲
 1)アジア地域における対象範囲
 2)エンジニアリングプラスチックの定義
 3)エンジニアリングプラスチックの概要
 4)参入企業概要
2.市場概況
3.主要参入企業のアジア進出状況
 1)国内主要企業8社の主な展開ブランド
 2)アジア各国の現地企業一覧
4.主要参入企業の事業推進動向
5.アジアのエンジニアリングプラスチック市場
 1)世界に占めるアジアの割合
 2)アジアにおける国別シェア
 3)アジアにおける種類別シェア
 4)アジアにおける用途別シェア
6.主要参入企業のアジアにおけるエンジニアリングプラスチック事業売上高
 1)海外売上高
 2)海外売上比率
7.研究開発・特許公開状況
 1)研究開発動向
 2)特許公開状況
8.今後の市場性
 1)アジアにおけるエンジニアリングプラスチック市場の今後の展望
 2)参入企業各社の今後の事業展開

【国別編】
◆中国
◆タイ
◆台湾
◆韓国

―調査項目(各国共通)―
1.市場概況
2.参入状況及び各社の活動拠点
 1)参入経緯
 2)拠点展開
 3)現地企業
3.市場規模
 1)全体
 2)種類別
 3)用途別
4.今後の市場性
 1)市場規模予測
 2)今後の事業戦略

【個別企業編】
◆旭化成ケミカルズ
◆宇部興産
◆帝人
◆東洋紡
◆東レ
◆ポリプラスチックス
◆三菱エンジニアリングプラスチックス
◆ユニチカ

【簡易個表編】
◆DIC
◆住友化学
◆ダイキン工業
◆出光興産
◆東ソー
◆上野製薬
◆JX日鉱日石エネルギー
◆クレハ
◆デュポン

―調査項目(各社共通)―
1.企業概要
2.製品展開
3.アジアでの展開状況
 1)参入経緯
 2)拠点展開
4.エンジニアリングプラスチックの売上高
 1)総売上高
 2)アジアでの売上高
5.研究開発動向
 1)研究開発・製品開発動向
 2)特許関連情報
6.今後の方向性

資料体裁:A4判 100頁
発 刊 日:2014年3月4日