2014年 樹脂添加剤の市場動向分析調査

―“自動車材料の樹脂化”“環境規制の強化”をキーワードに変わりつつある樹脂添加剤市場―

商品番号 mr410140173
価格 ¥ 95,700 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


概要
【調査主旨】
◆2013年度の樹脂添加剤市場(調査対象9品目合計)は、前年度比1.0%増の2,362.9億円であった。2013年度はPVCやPEなどで内需が回復基調だった一方、PPの射出成形向けが伸び悩んだ。その結果、樹脂添加剤需要にも影響し微増に留まっている。2014年度(見込)は、自動車生産や住宅着工などにおいて増税駆け込みの反動があるものの、PVC回帰などプラス要素も働き、全体的には安定的に推移する見込み。

◆樹脂添加剤は、添加対象樹脂の需要動向に大きく左右される。国内においては、汎用樹脂を始めとする石油化学製品市場は成熟状態にあり、樹脂添加剤市場においても厳しい市場環境が続いている。

◆また、需要動向に影響する要素として、環境規制動向が挙げられる。近年はフタル酸系可塑剤、臭素系難燃剤を中心に世界規模で化学物質規制が強化されている。直近では、2013年4月に難燃剤のHBCDがPOPs条約の廃絶対象物質に追加された。これを受けて日本国内でも今後廃絶が図られる見通し。

◆用途面では、EVなどの次世代自動車に必要不可欠な軽量化に寄与するとして、自動車材料の樹脂化が進みつつある。それに伴い樹脂添加剤が使用される機会が増えると期待される。

◆当資料では、対象品目別に樹脂添加剤市場の現状(市場規模、参入各社の製品展開状況、企業別シェア、用途別シェア、価格動向等)及び今後の市場予測などを分析・調査している。


目次
【調査概要】
【市場編】
1.樹脂添加剤の市場概要
 1)調査対象範囲
 2)品目別製品概要
2.市場概況
 1)国内の樹脂市場動向
 2)環境規制動向
 3)価格動向
3.参入企業の製品展開状況
4.価格帯一覧(2013年~)
5.用途展開動向
6.市場規模分析
 1)品目別市場規模推移
 2)企業別シェア(総合/品目別)
 3)用途別シェア(品目別)
7.今後の市場予測

【品目編】
◆可塑剤
◆発泡剤
◆難燃剤
◆安定剤
◆酸化防止剤
◆光安定剤
◆滑剤
◆帯電防止剤
◆抗菌・防カビ剤

―品目編調査項目―
●製品概要
<種類別分類><用途展開例>
●主要参入企業の製品展開状況
<主要参入企業の主な製品一覧>
●価格動向
●市場規模分析
<種類別市場規模推移> 
<企業別シェア><用途別シェア>
●製品化傾向
●環境規制動向
●参入各社の展開動向 
※海外動向含む
●今後の市場予測 

資料体裁:A4判 126頁
発 刊 日:2014年8月18日