コンシューマーレポートNo.317
ホットドリンクの飲用実態と今後のニーズ(第14弾)

―近年のキーワードは“疲れ”!「リラックス効果」を求めるニーズの取り込みがポイント―

商品番号 cr120220457
価格 ¥ 429,000 税込
◆購入商品を選択してください。 (必須)
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


【調査趣旨と結果】
◆今回、10~60代の男女624人を対象に、RTD(ペットボトルや缶入り)のホットドリンクに関するアンケート調査を実施した。なお、当調査は2009年より毎年行っており、今回で14回目の実施となる。

◆その結果、この冬(2021年11月以降)のホットドリンクの飲用経験率は前回(2021年2月調査)と大きく変わらないものの、前々回(2020年2月調査)と比べると5pt減の64.6%となった。すなわち、ホットドリンクの飲用経験率は元々減少傾向にあったものの、コロナ禍で拍車がかかり前回大幅減となり、今回も復調の兆しはみられなかった。

◆しかし、そんな中でもホットドリンクのヘビーユーザー(週に1回以上飲用者)はコロナ前と比べて増加しており、今回も前回から若干増となった。特に、男性の中高年層でヘビーユーザーは多く、6割以上を占めている。そして、ヘビーユーザーのニーズをみると、ホットドリンクに対して「リラックス」が主な飲用目的となり、「甘いものが欲しい時」「仕事中・勉強中」に飲用しているケースが多いことがわかった。

◆また、時系列分析では、“疲れ”が近年のキーワードとなり、2020年から「リラックス効果」を求めて「疲れた時」にRTDのホットドリンクを飲むニーズが高まっている。さらに、RTDとRTD以外のホットドリンク(外食のホットドリンクやCVSカウンターのホットドリンクなど)を比較したところ、RTDでは「体を温める」「ほっとする」「リラックス」「気分転換」「甘さ」などのニーズが高いものの、他では概ねこれらを求める人は少なかった。つまり、RTDのホットドリンクは「体を温める」や「リラックス」「気分転換」といったニーズを喚起している点が他との差別化ポイントであると考えられる。

◆この他、当レポートではRTDのホットドリンクの種類ごとに飲用実態や購入実態、評価、今後の意向を分析。加えて、これまで実施してきた結果との時系列分析も行っているため、2022年秋以降のホット商材の商品開発やマーケティングの一助となるデータとして提案する。

【調査方法】
■WEBによるアンケート調査
■調査エリア:全国
■対象:10代~60代の男女624人(10代は高校生以上)

【主な調査内容】
■RTDのホットドリンクの飲用実態・購入実態
■RTDのホットドリンクの評価
■RTDと他のホットドリンクの競合状況
■新型コロナウイルス感染拡大によるニーズの変化
■今後のRTDのホットドリンクに対するニーズ
■寒さに関する悩み など

【調査実査日】
2022年2月10~13日

目次
■調査概要
■被験者特性
■調査票

【分析編】
1. RTDのホットドリンクの飲用経験率とヘビーユーザー
2. 種類別の飲用経験率
3. RTDのホットドリンクの飲用シーン
4. RTDのホットドリンクの飲用目的・理由
5. RTDのホットドリンクの購入ポイント
6. RTDのホットドリンクの満足点
7. RTDのホットドリンクの不満点
8. RTDのホットドリンクのブランド別飲用率
9. RTD以外のホットドリンクの飲用状況
10. RTDと他のホットドリンクの飲用目的・理由の比較
11. コロナによるRTDのホットドリンクに対する意識の変化
12. ヘビーユーザーの分析
13. まとめ
  参考データ1. 種類別×主要飲用シーン 3年分サマリー
  参考データ2. 種類別×主要飲用目的・理由 3年分サマリー
  参考データ3. 種類別×主要購入ポイント 3年分サマリー
  参考データ4. 種類別×主要満足点 3年分サマリー
  参考データ5. 種類別×主要不満点 3年分サマリー

【集計編】
1. ホットドリンクの飲用状況(SA)
2. ホットドリンクの飲用頻度(SA)
3. ホットドリンクを飲む場所(MA)
4-1. この冬に飲んだホットドリンクの種類(MA)
4-2. 飲む機会が増えたホットドリンクの種類(MA)
4-3. 飲む機会が減ったホットドリンクの種類(MA)
5. 飲む機会が増えた理由(MA)
6. 飲む機会が減った理由(MA)
7. この冬に飲んだホットのコーヒー飲料の商品(MA)
8. この冬に飲んだホットの茶系飲料の商品(MA)
9. この冬に飲んだホットのその他飲料の商品(MA)
10. 最もよく飲んだホットドリンクの商品(SA)
11. ホットドリンクを飲んだ時間帯(SA)
12. ホットドリンクの飲用シーン(MA)
13. ホットドリンクの飲用目的・理由(MA)
14. ホットドリンクの購入先(SA)
15. ホットドリンクの内容量(SA)
16. ホットドリンクの内容量の満足度(SA)
17. ホットドリンクの容器(SA)
18. ホットドリンクと一緒に購入する食品(MA)
19. ホットドリンクの購入ポイント(MA)
20. ホットドリンクの気に入っている点(MA)
21. ホットドリンクの不満点(MA)
22. ホットドリンクの購入機会の増減(SA)
23. ホットドリンクの購入機会が増えた理由(MA)
24. ホットドリンクの購入機会が減った理由(MA)
25. RTD以外のホットドリンクの飲用状況(SA)
26-1. この冬に飲んだ自分で作ったホットドリンクの種類(MA)
26-2. この冬に飲んだ外食(イートイン)のホットドリンクの種類(MA)
26-3. この冬に飲んだ外食(テイクアウト)のホットドリンクの種類(MA)
26-4. この冬に飲んだCVSカウンターのホットドリンクの種類(MA)
26-5. この冬に飲んだカップ自販機のホットドリンクの種類(MA)
27-1. 自分で作ったホットドリンクの飲用目的・理由(MA)
27-2. 外食(イートイン)のホットドリンクの飲用目的・理由(MA)
27-3. 外食(テイクアウト)のホットドリンクの飲用目的・理由(MA)
27-4. CVSカウンターのホットドリンクの飲用目的・理由(MA)
27-5. カップ自販機のホットドリンクの飲用目的・理由(MA)
28. RTDのホットドリンクの優位性(MA)
29. 新型コロナウイルスで変化したこと(MA)
30-1. コロナ禍で購入機会が増えた場所(MA)
30-2. コロナ禍で購入機会が減った場所(MA)
31. コロナ禍で購入機会が増えた理由(MA)
32. コロナ禍で購入機会が減った理由(MA)
33. コロナ禍で意識するようになったこと(MA)
34. 今後のホットドリンクの飲用意向(SA)
35-1. 今後飲みたいホットドリンクの種類(MA)
35-2. 商品を充実させてほしいホットドリンクの種類(MA)
36. ホットドリンクの品揃え強化を望むチャネル(SA)
37. 今後購入したいホットドリンクの容器(SA)
38. 最も購入したい容器に選んだ理由(MA)
39. 今後ホットドリンクを飲みたいと思うシーン(MA)
40. ホットドリンクの容器・容量別上限価格(SA)
41. ホットドリンクを飲みたくない理由(MA)
42. 今後ホットドリンクに望むこと(MA)
43. ホットドリンクの改良点・今後希望する商品(FA)
44. 電子レンジ対応のペットボトルについて(SA)
45. 現在抱えている寒さに対する悩み(MA)
46. 普段仕事をしている場所(SA)
47. 冬に仕事をする際に寒さを感じること(SA)

体裁:データ(レポート本文のPPT、PDF、エクセルデータを収録)
※【収録内容】
1)本文PDF 2)本文パワーポイント
3)データ編(基本クロス集計・単純集計・ローデータ・調査票・FA)

発刊日:2022年3月18日