2013年 製パン・製菓原材料の市場分析調査

―原材料の“風味”・“機能性”向上が市場拡大のカギを握る―

商品番号 mr130130105
価格 ¥ 95,700 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


【概要】
◆2012年度の製パン・製菓原材料市場は、前年並みの8,574億円規模となった。同市場は、①小麦粉や油脂原料の価格高騰、②景気低迷に伴う低価格志向の高まりなどを背景に厳しい市場環境となっている。一方で、菓子パン、惣菜パンや大手コンビニエンスストアにおける生洋菓子類の需要が拡大傾向にあることから、これらの分野で今後の需要拡大が期待できる状況にある。

◆種類別でみると、ホイップクリーム、フィリング、ショートニングなどは市場が好調に推移している。特に、フィリングでは、産地や素材にこだわった商品開発、顧客ニーズに対応した提案営業が活発化しており、製パンメーカーやベーカリー店等で採用が拡大している。また、ショートニングやマーガリン類は、近年、バター不足に伴う代替品として順調に需要が拡大しており、今後も、“風味”、“機能性”、“作業性”を訴求した付加価値提案により、さらなる需要拡大が期待できる。このほか、プレミックスでは、高齢化の進展を見据え、老健施設や惣菜市場などへの販路開拓を進める企業が増えている。

◆当資料では、こうした動向を踏まえ、製パン・製菓原材料市場を分野別、種類別、業態別などにより分析。さらに、販売ルートや販売促進策、今後の事業展開など参入企業の動向を調査し、今後の製パン・製菓原材料市場におけるマーケティング活動に資するレポートとなっている。

目次
【市場編】
1.市場概況
 1)調査範囲
 2)製パン・製菓の原材料一覧
  ①製パン・製菓の主な原材料
  ②製パン・製菓原材料の主要メーカー一覧
2.製パン・製菓の市場概況
 1)パンの年別生産数量
 2)菓子の年別生産数量
 3)製パン・製菓原材料メーカーのユーザー分析
  ①製パン・製菓メーカー
  ②ベーカリーチェーン
  ③洋菓子専門店
3.製パン・製菓原材料の品揃え分析
 1)用途別品揃え
 2)分野別種類別品揃え
4.メーカー別品揃え分析
 1)1社あたりの品揃え数
 2)メーカー別用途別品揃えランキング
 3)メーカー別種類別品揃え状況
5.製パン・製菓原材料の市場規模
 1)総市場規模
 2)分野別種類別分析
  ①全体
  ②製粉
  ③油脂
  ④クリーム
  ⑤その他
 3)業態別分析
6.メーカー別シェア分析
 1)メーカー別シェア
 2)種類別メーカー別シェア
  ①小麦粉
  ②プレミックス
  ③マーガリン類
  ④ショートニング
  ⑤フィリング
  ⑥ホイップクリーム
  ⑦チョコレート類
  ⑧イースト
7.販売ルート分析
 1)販売ルート図
 2)主要取引先
  ①業務用問屋および商社
  ②製菓・製パンメーカー
  ③専門店
  ④その他
8.営業拠点と販促活動
 1)営業拠点
 2)販促活動内容
9.今後の市場性と各社の事業展開
 1)今後の市場予測
 2)対象企業14社の今後の事業展開

【個別企業編】
1.株式会社日清製粉グループ本社
2.日本製粉株式会社
3.昭和産業株式会社
4.日東富士製粉株式会社
5.鳥越製粉株式会社
6.株式会社カネカ
7.不二製油株式会社
8.株式会社ADEKA
9.ミヨシ油脂株式会社
10.月島食品工業株式会社
11.オリエンタル酵母工業株式会社
12.ソントン食品工業株式会社
13.株式会田中食品興業所
14.友栄食品興業株式会社

<調査項目>(各社共通)
1.企業概要
2.主要商品一覧
3.品揃え分析
4.売上分析
 1)種類別売上高
 2)業態別売上高
5.販売方法と販促活動
6.今後の事業展開

資料体裁:A4判98頁
発 刊 日:2013年6月28日