2013年 ダイエット食品の市場分析調査

―「燃焼系」「カット系」「代替」「満腹サポート」など、アプローチが多様化するダイエット食品市場―

商品番号 mr110130091
価格 ¥ 95,700 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


概要

【調査主旨】
◆2011年度のダイエット食品市場は前年比9.9%増の1,133億円となった。昨今のダイエット食品市場では、“手軽さ”“我慢しない”“健康的”といったコンセプトのもと、各社から続々と新商品の投入が相次いでいる。これに伴い、ダイエットのアプローチも多様化し、「燃焼系」「カット系」「食事代替」「満腹サポート」「カロリーコントロール」などの商品が流通している。中でも、2011年度は「カロリミット」(ファンケル)に代表されるカット系ダイエット食品が注目を集めている。

◆これら商品の販売先としては、通販と薬系ルートを中心にCVSでの展開がメインとなっている。通販は、ここ数年インターネット利用者の増加に伴い、Web広告に注力する企業が増加している。薬系ルートでは、“ダイエットコーナー”を設置するなど、店舗との協働による店頭販促に注力する企業が目立つ。

◆当資料では、サプリメント、ドリンク、加工食品、菓子・デザートの4分野を対象にダイエット食品市場を調査。ダイエット食品を「燃焼系」「カット系」「食事代替」「満腹サポート」「カロリーコントロール」「その他」の6タイプに分類し、商品展開、市場規模、参入各社の取り組みなど多角的な視点から分析し、今後のダイエット食品の市場性を探っている。

【調査対象範囲】
◆サプリメント
◆ドリンク
◆加工食品
◆菓子・デザート

目次
【調査概要】
【市場編】
1.調査対象範囲
 1)ダイエット食品の分野別分類
 2)ダイエット食品のタイプ別分類
 3)ダイエット食品の主要成分別分類
 4)調査対象企業
2.ダイエット食品市場の概要
3.主要企業の参入動向
 1)参入時期
 2)主要企業の事業展開
4.ダイエット食品の商品展開状況
 1)分野別アイテム数
 2)タイプ別アイテム数
 3)成分別アイテム数
 4)新商品の展開状況
5.ダイエット食品の市場分析
 1)分野別市場規模
 2)成分別市場規模
 3)タイプ別市場規模
 4)メーカー別市場構成
 5)ブランド別市場構成
 6)チャネル別市場構成
6.ダイエット食品の販売方法及び販促活動
 1)ダイエット食品の販売チャネル
 2)主要各社の販促策
7.ダイエット食品の商品政策
 1)商品化の方向性
 2)メーカー別商品展開状況
8.今後の市場見通しと展開
 1)分野別
 2)主要メーカーの今後の展開

【個別企業編】
アサヒフードアンドヘルスケア
味の素
太田胃散
オルビス
カネボウ化粧品
グローバル
健康コーポレーション
サニーヘルス
資生堂
ディーエイチシー
ドクターシーラボ
ピルボックスジャパン
ファンケル
富士フイルム
ポーラ
明治
メタボリック
森下仁丹
ヤクルトヘルスフーズ
ライオン

【個別企業編(各社共通項目)】
1.企業概要
2.ダイエット食品事業の変遷
3.商品分析
 1)商品一覧
 2)分野別アイテム数
 3)タイプ別アイテム数
 4)成分別アイテム数
4.売上高分析
 1)健康食品に占めるダイエット食品の割合
 2)分野別売上高
 3)主要成分別売上高
 4)タイプ別売上高
 5)チャネル別売上高
5.商品政策
6.販売方法と販促策
 1)販売方法
 2)販売促進策
7.今後の市場見通しと展開

資料体裁:A4判123頁
発 刊 日:2013年3月27日