2015年 中・韓・台の抗癌剤市場

―分子標的薬により市場構造が変容する中・韓・台の現状―

商品番号 mr310150257
価格 ¥ 95,700 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


概要
【調査主旨】
◆中国、韓国、台湾における抗癌剤市場は2014年度で6,561億円。円安の影響もあり、3ヶ国合計の市場規模は、前年度比で17.8%の拡大推移となっている。

◆ブランドでは、「Herceptin」「Glivec」「MabThera」がグローバル市場と同様に高いシェアを有している。また一方で、現地企業が各市場で後発品を展開しており、中国ではHengrui Medicine、韓国ではKorea United Pharm、台湾ではTTY Biopharmが多数のブランドジェネリック等を販売している。

◆中国市場では分子標的薬の伸長が目覚ましく、市場構成比率が急拡大。また、韓国および台湾市場では、グローバル新薬が相次いで承認を取得している。特に、韓国市場では「Opdivo」「Zykadia」が承認を取得しており今後も急速な市場拡大が予想される。

◆また、新薬・LCM開発も積極的に行われている。特に、肺癌や乳癌を対象に開発テーマが集中。「Kadcyla」「Giotrif」等、各社は次期主力製品の適応拡大に力を入れている。このほか、欧米においても未承認である新薬候補物の開発も進捗しており、抗PD-L1抗体atezolizumab、「MEDI4736」については複数テーマが後期開発段階にある。

◆当資料では中国、韓国、台湾における抗癌剤の製品展開および市場動向、開発状況を調査・分析している。


目次
【中・韓・台総市場編】
1.製品展開
 1)主要製品一覧
 2)品目数分析
2.市場分析
 1)地域別市場規模
 2)種類別市場規模
 3) 中・韓・台総市場の抗癌剤売上高トップ15メーカー
 4) 中・韓・台総市場の抗癌剤トップ15ブランド
3.開発状況
 1) 主要開発テーマ一覧
 2) 開発テーマ分析

【中国市場編】
1.市場背景
2.製品展開
 1)主要製品一覧
 2)品目数分析
3.市場分析
 1)市場規模
 2) 種類別市場規模
 3) メーカー別販売高
 4) ブランド別販売高
4.開発状況
 1) 主要開発テーマ一覧
 2) 開発テーマ分析
5.市場予測

【韓国市場編】
1.市場背景
2.製品展開
 1)主要製品一覧
 2)品目数分析
3.市場分析
 1)市場規模
 2)種類別市場規模
 3)メーカー別販売高
 4)ブランド別販売高
4.開発状況
 1)主要開発テーマ一覧
 2) 開発テーマ分析
5.市場予測

【台湾市場編】
1.市場背景
2.製品展開
 1) 主要製品一覧
 2) 品目数分析
3.市場分析
 1) 市場規模
 2) 種類別市場規模
 3) メーカー別販売高
 4) ブランド別販売高
4.開発状況
 1)主要開発テーマ一覧
 2) 開発テーマ分析
5.市場予測

資料体裁:A4判 138頁
発 刊 日:2015年10月29日