2019年 東南アジアの化粧品市場

―紫外線ケア意識の向上により拡大する美白ケア・日焼け止め市場―

商品番号 mr210190453
価格 ¥ 106,700 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


概要
【調査趣旨】
◆2018年度の東南アジア6ヶ国(タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・シンガポール・ミャンマー)の化粧品市場は、前年度比5.4%増の8,820億円と好調推移を維持しており、この10年で1.9倍以上にまで拡大している。同地域では、可処分所得の増加やおしゃれ意識の拡大といった要因により化粧品のニーズが高まっている。なかでも、近年は同地域全体で紫外線による肌ダメージをケアするという意識が浸透してきており、美白ケアや日焼け止め市場は大幅な伸長率を記録している。

◆国別にみると、タイは前年度比4.0%増で推移している。美白のニーズが高いことから美白ケア市場は前年度比4.8%増と好調に推移。さらに、高齢者の増加によりアンチエイジング化粧品のニーズが拡大しており、市場の拡大に貢献している。

◆インドネシアは前年度比5.8%増で推移。中間層の拡大に伴って化粧品ユーザーが増加傾向にあるほか、ジャワ島を中心にインターネットが普及したことで通販チャネルが台頭している。また、ハラル化粧品のニーズが高まっていることから、「Wardah」(Paragon)や「Sariayu」(Martha Tilaar)といった現地ブランドを中心に売上高を伸ばしたことも好調推移の一因として挙げられる。

◆マレーシアは前年度比6.9%増で推移。中間層の拡大やインターネットの整備による通販チャネルの拡大、マレー系女性を中心とした美白化粧品の需要拡大といった要因により、高い伸長率を維持している。また、ハラル化粧品市場は「SAFI」(Wipro-Unza)や「Muslimah」(Muslimah)といった現地ブランドだけでなく日系企業や欧米系企業が参入したことなどで高い伸長率を示している。

◆このほか、ベトナムは前年度比7.9%増で推移。美白ケアや日焼け止めといった分野を中心に化粧品ユーザーが増加しており、同国市場は引き続き高い伸長率で拡大している。シンガポールは前年度比5.9%増で推移。L’OrealやEstee Lauder、資生堂といった外資系企業が好調に推移し市場拡大に寄与している。ミャンマーは前年度比7.2%増で推移。近年は富裕層をメインターゲットとしたブランドやラインの投入が活発になってきており、顧客単価が上昇したことが市場拡大の要因として挙げられる。

◆当資料では、化粧品へのニーズが高まり消費圏として注目を集めている東南アジア6ヶ国の化粧品市場について、参入動向や展開ブランド、売上高などを多角的に分析。同地域に参入している現地企業や日系企業、欧米企業、韓国・中国企業の展開状況や今後の展望についてもレポートしている。

【調査対象国】
◆タイ
◆インドネシア
◆マレーシア
◆ベトナム
◆シンガポール
◆ミャンマー

【調査期間】
2019年6月~2019年9月


目次
【調査概要】
【総市場編】
1.調査概要
 1)調査目的
 2)調査対象国
 3)調査方法
 4)調査対象企業
 5)調査対象商品
2.主な参入企業
 1)現地企業
 2)欧米系企業
 3)日系企業
 4)韓国・中国系企業
3.化粧品市場規模分析
 1)国別市場規模
 2)チャネル別売上高
 3)企業別売上高
 4)ブランド別売上高
 5)分野別売上高
 6)種類別売上高
 7)主な訴求別売上高
4.商品トレンド
 1)スキンケア
 2)メイクアップ
 3)ヘアケア
5.今後の展開

【国別編】
◆タイ
1.化粧品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 1)現地企業
 2)欧米系企業
 3)日系企業
 4)韓国・中国系企業
4.化粧品の市場規模
 1)総市場
 2)企業別売上高
 3)ブランド別売上高
 4)チャネル別売上高
 5)分野別売上高
 6)種類別売上高
 7)主な訴求別売上高
5.ブランド展開
 1)スキンケア
 2)メイクアップ
 3)ヘアケア
6.販売方法
 1)販売ルート
 2)販売チャネル
7.今後の展開

◆インドネシア
1.化粧品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 1)現地企業
 2)欧米系企業
 3)日系企業
 4)韓国・中国系企業
4.化粧品の市場規模
 1)総市場
 2)企業別売上高
 3)ブランド別売上高
 4)チャネル別売上高
 5)分野別売上高
 6)種類別売上高
 7)主な訴求別売上高
5.ブランド展開
 1)スキンケア
 2)メイクアップ
 3)ヘアケア
6.販売方法
 1)販売ルート
 2)販売チャネル
7.今後の展開

◆マレーシア
1.化粧品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 1)現地企業
 2)欧米系企業
 3)日系企業
 4)韓国・中国系企業
4.化粧品の市場規模
 1)総市場
 2)企業別売上高
 3)ブランド別売上高
 4)チャネル別売上高
 5)分野別売上高
 6)種類別売上高
 7)主な訴求別売上高
5.ブランド展開
 1)スキンケア
 2)メイクアップ
 3)ヘアケア
6.販売方法
 1)販売ルート
 2)販売チャネル
7.今後の展開

◆ベトナム
1.化粧品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 1)現地企業
 2)欧米系企業
 3)日系企業
 4)韓国・中国系企業
4.化粧品の市場規模
 1)総市場
 2)企業別売上高
 3)ブランド別売上高
 4)チャネル別売上高
 5)分野別売上高
 6)種類別売上高
 7)主な訴求別売上高
5.ブランド展開
 1)スキンケア
 2)メイクアップ
 3)ヘアケア
6.販売方法
 1)販売ルート
 2)販売チャネル
7.今後の展開

◆シンガポール
1.化粧品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 1)欧米系企業
 2)日系企業
 3)韓国・中国系企業
4.化粧品の市場規模
 1)総市場
 2)企業別売上高
 3)ブランド別売上高
 4)分野別売上高

◆ミャンマー
1.化粧品市場の概況
 1)基本情報
 2)国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 1)欧米系企業
 2)日系企業
4.化粧品の市場規模
 1)総市場
 2)企業別売上高
 3)ブランド別売上高
 4)分野別売上高
5.今後の展開


資料体裁:A4判204頁
発刊日:2019年10月3日