2014年 アジアの健康食品市場

―東南アジアを中心に「美容」「ダイエット」市場が拡大!―

商品番号 mr110140152
価格 ¥ 95,700 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


概要
【調査主旨】
◆アジアの健康食品市場は、中国や台湾、韓国、東南アジアの主要国が牽引役となり、2桁成長を維持している。中でも、東南アジア地域においては、急速な経済成長に伴う所得水準の向上、消費意欲の高まり、人口の増加などを背景にここ数年急拡大している。

◆対象8ヵ国における市場規模は2013年度で前年比11.4%増となった。東南アジア各国では、経済発展に伴いセルフメディケーション意識が向上。これにより、サプリメントや栄養強化食品の需要が高まっている。中でもインドやインドネシアでは生活習慣病患者が増加していることから、「ダイエット」「コレステロール調節」「血糖値上昇緩和」といった生活習慣病カテゴリーが注目を集めている。また、台湾、韓国、シンガポールの先進国では、健康ニーズが多様化しており、「美容」「関節痛緩和」「脳老化防止」といったカテゴリーも成長している。

◆アジアの健康食品市場は今後も国民の健康ニーズの高まりと購買意欲の高さから、大きく拡大する見込みとなっている。

◆当資料では、アジアの中でも成長が著しい台湾、韓国、インド、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシア、マレーシアの主要8ヵ国を調査対象とし、健康食品の商品トレンド、市場規模、販売ルート、今後の市場性などをレポートしている。

目次
【集計・分析編】
1.調査対象範囲
 1)調査対象地域
 2)調査対象商品
 3)為替レート
2.調査対象各国の健康食品における規格基準制度
3.調査対象各国の商品分析
 1)各国の商品展開
  ①主要成分別アイテム数
  ②効果・目的別アイテム数
 2)各国の商品トレンド状況
4.調査対象各国の市場規模分析
 1)国別市場規模
 2)各国の分野別市場規模
 3)各国のチャネル別市場規模
5.調査対象各国の主要販売チャネル
6.調査対象各国の主要企業展開状況
7.日本企業の参入状況
8.今後の市場性
 1)各国の市場規模予測
 2)各国の今後の市場性

【国別編】
1.台湾
2.韓国
3.インド
4.タイ
5.シンガポール
6.ベトナム

<簡易編>
I.インドネシア
II.マレーシア

―調査項目―(各国共通)
1.国の概況
 1)国の基礎情報
 2)国民の健康意識
2.健康食品の規格基準制度
3.調査対象範囲
4.商品展開
 1)商品一覧
 2)商品分析
  ①規格取得商品の構成状況
  ②主要成分別アイテム数
  ③効果・目的別アイテム数
 3)商品トレンド状況
5.市場規模分析
 1)分野別市場規模
 2)成分別市場動向
 3)メーカー別シェア
 4)チャネル別シェア
6.販売ルート特性
7.各販売ルートの主な販売店一覧
 1)薬局・薬店、ドラッグストア
 2)スーパー、小売店
 3)百貨店
 4)通信販売
8.主要企業一覧
9.日本企業の参入状況
10.今後の市場性
※簡易編は8.主要企業一覧9.日本企業の参入状況を省略

資料体裁:A4判 112頁
発 刊 日:2014年4月16日