2016年 ファインスペシャリティ系・樹脂加工系化学メーカーのグローバル戦略

―アジア・欧米・新興地域の動向と今後の方向性を探る―

商品番号 mr410160280
価格 ¥ 96,800 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


概要
【企画の主旨】
◆調査対象25社の海外展開状況をみると、一部企業を除けば、地域特性に適応したビジネスモデルを模索している段階といえる。

◆調査対象25社のうち、海外売上高が連結売上高の過半数を占めているのが7社となっている。残り18社は50%未満で、海外事業が進展途上にある。

◆海外売上高を地域別にみると、アジア向け比率50%超が25社中16社を占めている。そのことからも、調査対象企業の多くが、アジアを重点・戦略市場と位置付けていることがわかる。特に、中華圏(中国、台湾、香港)や韓国を対象とする東アジア及び東南アジアにおける需要の取り込みが、海外における成長戦略の成否を決めるキーポイントといえる。

◆また先進地域の欧州・北米では、特に米国に25社中24社が拠点を置き、生産・販売を主力に幅広く事業を展開している。

◆その他、未開拓地域と位置付けるラテンアメリカ、中東、アフリカ地域へは、25社中8社が拠点を展開するにとどまっているが、今後経済成長を背景に、当該地域への進出が増えると予想される。

◆その様な背景のもと、本資料では、調査対象各社の海外の地域別売上高/売上比率によるポジショニング把握、国別事業動向、国別拠点展開状況(R&D・生産・販売他)、国別投資状況・計画(R&D・生産・販売他)、海外における事業提携状況、ターゲット市場(国・地域)、海外戦略の方向性等を明らかにすることにより、今後のグローバル展開上の有用データに資する目的で企画したものである。

【対象地域】
日本を除くアジア/太平洋・欧州・米州・中東・アフリカ


目次
【総括編】
1.調査対象企業の海外売上高ポジショニング
2.調査対象企業の海外売上高状況
 1)地域・国別推移
 2)2014年度海外売上高伸長率ランキング
 3)2014年度海外売上高比率ランキング
 4)2014年度地域・国別売上高/同比率
3.国別・企業別事業拠点展開状況
 1)アジア・太平洋地域
 2)欧州・北米地域
 3)ラテンアメリカ・中東・アフリカ地域
4.国別・企業別投資状況・計画
 1)アジア・太平洋地域
 2)欧州・北米地域
 3)ラテンアメリカ・中東・アフリカ地域
5.調査対象企業の海外における事業提携状況
6.調査対象企業の注力・育成市場(国・地域)
 1)アジア・太平洋地域
 2)欧州・北米地域
 3)ラテンアメリカ・中東・アフリカ地域

【企業編】
◆㈱ADEKA
◆荒川化学工業㈱
◆石原産業㈱
◆㈱ク レ ハ
◆堺化学工業㈱
◆三洋化成工業㈱
◆㈱J S P
◆J N C㈱
◆信越ポリマー㈱
◆住友精化㈱
◆住友ベークライト㈱
◆積水化成品工業㈱
◆第一工業製薬㈱
◆ダイキン工業㈱化学事業
◆ダイソー㈱
 〔2015年10月㈱大阪ソーダに社名変更〕
◆高砂香料工業㈱
◆東京応化工業㈱
◆日  油㈱
◆日産化学工業㈱
◆日本化薬㈱
◆日本合成化学工業㈱
◆日本曹達㈱
◆日立化成㈱
◆三菱樹脂㈱
◆リケンテクノス㈱

―調査項目―(※各社共通)
1.企業概要
2.海外売上高推移
3.地域別事業拠点展開状況
4.投資状況・計画〔研究開発・生産・販売他〕
5.海外における事業提携状況
6.海外事業の方向性


資料体裁:A4判 157頁
発 刊 日:2015年12月9日