【マルチクライアント調査企画】
プラントベースフードの摂取実態とニーズ

―今後のメインターゲット、有効な魅力訴求を探る―

商品番号 cr110210453
  • 実査中
価格 ¥ 429,000 税込
◆購入商品を選択してください。 (必須)
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します
※発刊日・内容については、予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。


【調査目的】
・欧米では環境意識やエシカルな観点からもプラントベースフード(PBF)が選ばれているが、日本でもこのようなニーズはあるのか?また、今後こうしたニーズは増えるのか?

・欧米の商品展開やマーケティング手法をそのまま日本で用いてもダメだと理解しているのだが、その代わりに日本ではどのような商品訴求を行ったら良いのか?

・海外では多くの外食チェーンでPBFのメニューがヒットし定着化しているが、日本の外食チェーンでもPBFをメニュー化することでヒットするのか?話題作りによる一過性で終わらせたくない。

・PBF事業をスタートしたものの、「おいしくなさそう」というイメージからなのか、思ったよりも消費者の手が伸びていない・・・。手に取ってもらえるためにはどうのような仕掛けが良いのか?

・PBF向け添加物の展開を視野に入れているが、日本では『動物性原料不使用、100%植物由来のもの』よりも『動物由来だが、よりおいしさアップにつながるもの』の方が受容性があると考えている。



◆PBFの課題解決につながるデータを提供することで、今後のマーケティング・商品開発に有用な情報提供を目的とする。

【調査ポイント】
POINT:今後のPBFのメインターゲットは?また彼らにはどんな訴求が有効なのか?

<PBFに対する意識・理解度>
◆PBFについて何か知っていること
◆イメージ、興味を抱いたきっかけ など

<外食におけるPBFの摂取ニーズ>
◆外食のPBFメニューの摂取状況
◆メニューへの満足点、不満点 など

<PBFの摂取状況>
◆PBFの摂取目的・理由
◆摂取頻度、摂取シーン など

<PBFの課題>
◆PBFに対する不満点、購入の障壁
◆PBFを摂り入れた食事の困りごと など

<PBFの購入実態>
◆PBFの購入チャネル
◆選ぶ際に重視するポイント など

<今後のPBFの受容性>
◆魅力的/ユニークだと思う商品訴求
◆手に取りたくなる商品像 など

【調査方法】
全国Webアンケート調査

【調査対象】
PBFのロイヤルユーザー層、一般ユーザー層、関心層の10~60代の男女800サンプル
※内訳:ロイヤルユーザー層300、一般ユーザー層300、関心層200
(スクリーニングの結果次第でサンプル数の内訳が変更となる場合がございます。)

【事前調査(スクリーニング)項目】
◆調査対象
・10~60代の男女1万サンプル ※10代は高校生以上
※割付は各年代の人口構成比となります。

◆PBFのユーザー層把握
・PBFの認知度合い
・PBF(外食も含む)の興味・関心度合い
・PBF(外食も含む)の購入経験
・PBF(外食も含む)の購入頻度

【本調査項目】
◆本調査対象
・10~60代の男女800サンプル ※10代は高校生以上
 ≪内訳≫ ※スクリーニングの結果次第でサンプル数の内訳が変更となる場合がございます。
・PBFのロイヤルユーザー層(月に2回以上購入者):300サンプル
・PBFの一般ユーザー層(月に2回未満購入者):300サンプル
・PBFの関心層(関心はあるが購入未経験):200サンプル

◆PBFに対する意識・理解度
・PBFを知ったきっかけ
・PBFに興味・関心を持った理由
・PBF全体に対するイメージ
・各種PBF(代替乳、代替チーズ等)に対するイメージ
・PBFに対する理解度
・PBFに対する考え方
・PBFを取り入れた食生活のメリット

◆PBFの摂取状況
・PBFの摂取スタイル(完全代替タイプ、一品だけ代替タイプ等)
・摂取したことがあるPBFの種類(代替肉、代替チーズ等)
・定期的に食事に摂り入れている種類(代替肉、代替チーズ等)
・食事に取り入れた代替肉の種類(素材、惣菜の素、冷凍食品等)
・PBFの摂取理由・目的
・PBFの摂取シーン(朝食時、昼食時、夕食時等)
・PBFの摂取頻度
・PBFの満足点(全体、種類別)
・PBFを食生活に取り入れたことで変化したこと

◆PBFの購入実態
・PBFの購入チャネル
・PBFを購入する際に商品を選ぶポイント
・PBFのブランド・商品の認知度/購入経験率/定期購入率

◆外食におけるPBFの摂取ニーズ
・外食でのPBFの摂取経験
・外食におけるPBFに対する考え方
・摂取したことがある外食チェーン店のPBFメニュー
・摂取したPBFメニューの満足点
・今後外食におけるPBFの摂取意向
・今後外食店で食べてみたいと思うPBFのメニュー

◆PBFの課題
・PBFを食生活に取り入れる上で困ったこと
・PBFをお店で購入する際に困ったこと
・PBFに興味があるけど今まで購入しなかった理由(関心層限定)
・PBFの不満点(全体、種類別、外食)

◆今後のPBFの受容性
・今後のPBFの摂取意向
・今後摂取したいPBFの種類
・今後プラントベースの商品が増えてほしい食品
・今後のPBFの価格帯受容性
・今後のPBFに期待していること
・魅力的な商品フレーズ/ユニークだと思う商品フレーズ
・今後PBFを選ぶ際に重視したいこと
・こんな商品があったら良いなと思うこと

◆クラスター分析
・食生活に関する意識と実態

レポート発刊予定:2022年1月末
頒価:429,000円(税込)
体裁:データ(レポート本文のPPT、PDF、ローデータを収録)

おすすめ商品

前へ
次へ