2022年 東南アジアの化粧品市場

―コロナ禍でも成長を続ける東南アジア6ヶ国を徹底分析―

商品番号 mr210220578
価格 ¥ 108,900 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


担当リサーチャーインタビュー記事掲載中!!
―リサーチャーに聞く!#10『2022年 東南アジアの化粧品市場』調査のポイント
https://www.tpc-cop.co.jp/topics/2746/


調査概要
【調査趣旨】
◆2021年(2021年1~12月)の東南アジア6ヶ国(タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・シンガポール・ミャンマー)の化粧品市場は、前年比3.7%増の9,712億円で推移。同地域は、化粧習慣の浸透や可処分所得の増加などを背景に、直近10年で1.8倍以上に成長している。またインターネット・SNSの普及にくわえ、コロナ禍による外出制限が追い風となって、ECを中心とする通信販売チャネルが大きく伸長。コロナ前のライフスタイルに戻るなかでも、同チャネルを利用する消費者は増加するとみられることから、引き続き市場全体の成長に貢献するとみられる。

◆国別にみると、タイは前年比3.0%増の3,545億円で推移。美白や自然派訴求の化粧品ニーズが高いことや、比較的高齢化が進んでいることからアンチエイジング化粧品の需要が拡大傾向にある。またインドネシアは、前年比3.3%増の3,668億円で推移。世界最大のムスリム人口を擁する同国では、「Wardah」(Paragon)など現地ブランドのほか、「ガルニエ」(L’Oreal)や「カリサ」(ロート製薬)など海外ブランドもハラル化粧品を展開しており、市場全体の拡大に貢献している。

◆マレーシアは前年比5.5%増の980億円で推移。同国は国民の7割がムスリムであることから、インドネシアとともに世界最大規模のハラル化粧品市場を形成している。また近年は、ムスリムによるメイクアップ需要が拡大しており、ヒジャブとマッチしたメイクアップアイテムの紹介や、メイクの方法を紹介するムスリム系インフルエンサーが増加していることから、今後はさらなる市場の拡大が期待される。このほか、ベトナムは前年比9.0%増の640億円で推移。同国は、韓流コンテンツの影響でおしゃれへの意識が高まっているほか、周辺国と比較してもECチャネルが急速に拡大しており、市場全体の売上をけん引している。

◆シンガポールは前年比3.3%増の593億円で推移。近年、メイクアップを行う女性が増加しており、美白効果を備えたベースメイクなどに人気が集まっている。またミャンマーは前年比0.7%増の286億円と微増推移。 市場の潜在性は高いものの、軍事クーデターの影響で国内に混乱が生じていることから、化粧品市場も停滞している。

◆当資料では、コロナ禍でも成長を続ける東南アジア6ヶ国の化粧品市場について、対象各国の化粧特性や、現地企業および欧米・日系企業など海外企業の参入動向と展開ブランド、売上高、今後の展望などについて多角的に分析している。

【調査期間】
2021年11月~2022年6月

目次
【調査項目(総市場編)】
1.調査概要
 1-1. 調査目的
 1-2. 調査対象国
 1-3. 調査方法
 1-4. 調査対象企業
 1-5. 調査対象商品
2.主な参入企業
 2-1. 現地企業
 2-2. 欧米系企業
 2-3. 日系企業
 2-4. 韓国・中国系企業
3.化粧品市場規模分析
 3-1. 国別市場規模
 3-2. チャネル別売上高
 3-3. 企業別売上高
 3-4. ブランド別売上高
 3-5. 分野別売上高
 3-6. 種類別売上高
 3-7. 主な訴求別売上高
4.商品トレンド
 4-1. スキンケア
 4-2. メイクアップ
 4-3. ヘアケア
5.今後の展開

【国別編】
●タイ
1.化粧品市場の概況
 1-1. 基本情報
 1-2. 国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 3-1. 現地企業
 3-2. 欧米系企業
 3-3. 日系企業
 3-4. 韓国・中国系企業
4.化粧品の市場規模
 4-1. 総市場
 4-2. 企業別売上高
 4-3. ブランド別売上高
 4-4. チャネル別売上高
 4-5. 分野別売上高
 4-6. 種類別売上高
 4-7. 主な訴求別売上高
5.ブランド展開
 5-1. スキンケア
 5-2. メイクアップ
 5-3. ヘアケア
6.販売方法
 6-1. 販売ルート
 6-2. 販売チャネル
7.今後の展開

●インドネシア
1.化粧品市場の概況
 1-1. 基本情報
 1-2. 国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 3-1. 現地企業
 3-2. 欧米系企業
 3-3. 日系企業
 3-4. 韓国・中国系企業
4.化粧品の市場規模
 4-1. 総市場
 4-2. 企業別売上高
 4-3. ブランド別売上高
 4-4. チャネル別売上高
 4-5. 分野別売上高
 4-6. 種類別売上高
 4-7. 主な訴求別売上高
5.ブランド展開
 5-1. スキンケア
 5-2. メイクアップ
 5-3. ヘアケア
6.販売方法
 6-1. 販売ルート
 6-2. 販売チャネル
7.今後の展開

●マレーシア
1.化粧品市場の概況
 1-1. 基本情報
 1-2. 国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 3-1. 現地企業
 3-2. 欧米系企業
 3-3. 日系企業
 3-4. 韓国・中国系企業
4.化粧品の市場規模
 4-1. 総市場
 4-2. 企業別売上高
 4-3. ブランド別売上高
 4-4. チャネル別売上高
 4-5. 分野別売上高
 4-6. 種類別売上高
 4-7. 主な訴求別売上高
5.ブランド展開
 5-1. スキンケア
 5-2. メイクアップ
 5-3. ヘアケア
6.販売方法
 6-1. 販売ルート
 6-2. 販売チャネル
7.今後の展開

●ベトナム
1.化粧品市場の概況
 1-1. 基本情報
 1-2. 国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 3-1. 現地企業
 3-2. 欧米系企業
 3-3. 日系企業
 3-4. 韓国・中国系企業
4.化粧品の市場規模
 4-1. 総市場
 4-2. 企業別売上高
 4-3. ブランド別売上高
 4-4. チャネル別売上高
 4-5. 分野別売上高
 4-6. 種類別売上高
 4-7. 主な訴求別売上高
5.ブランド展開
 5-1. スキンケア
 5-2. メイクアップ
 5-3. ヘアケア
6.販売方法
 6-1. 販売ルート
 6-2. 販売チャネル
7.今後の展開

●シンガポール
1.化粧品市場の概況
 1-1. 基本情報
 1-2. 国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 3-1. 欧米系企業
 3-2. 日系企業
 3-3. 韓国・中国系企業
4.化粧品の市場規模
 4-1. 総市場
 4-2. 企業別売上高
 4-3. ブランド別売上高
 4-4. 分野別売上高

●ミャンマー
1.化粧品市場の概況
 1-1. 基本情報
 1-2. 国民の化粧特性
2.化粧品市場の沿革
3.主要企業の主な参入状況
 3-1. 欧米系企業
 3-2. 日系企業
4.化粧品の市場規模
 4-1. 総市場
 4-2. 企業別売上高
 4-3. ブランド別売上高
 4-4. 分野別売上高
5.今後の展開

資料体裁:A4判334頁
発刊日:2022年6月30日