コンシューマーレポートNo.308
2021年 女性の頭皮・髪に関する意識・実態調査(第2弾)

―昨年との比較で読み解く!ウィズコロナ時代におけるヘアケアの変化と新常識―

商品番号 cr210210448
価格 ¥ 429,000 税込
◆購入商品を選択してください。 (必須)
【調査趣旨と結果】
◆今回、女性の頭皮・髪に関する意識と実態を明らかにすべく、 20~70代の女性1,236人(スキンケアおよびメイクアップを週に1回以上行う人)を対象にアンケート調査を実施した。今回は2020年に続き、2回目の調査となる。

◆調査の結果、頭皮・髪に関する悩みとして最も多かったのは20代が「髪の傷み」、30代が「髪のパサつき」、40~70代が「白髪」となった。こうした悩みの原因について、髪に関する悩みでは「加齢」や「カラーリング」が多く、頭皮に関する悩みに対しては「加齢」や「ホルモンバランスの乱れ」が上位に挙がっている。

◆また、ヘアケアアイテムの使用実態について2020年と比較すると、「トリートメント」は洗い流すタイプと洗い流さないタイプの両方で使用率が低下したのに対し、「ヘアオイル」や「リンス・コンディショナー」は使用率が増加している。なかでも、「ヘアオイル」の使用率は全体で6.2pt増加。特に20代では13.6pt増加し、約7割が「ヘアオイル」を使用している結果となった。

◆さらに、ヘアケアにかける金額を年代別にみると、自宅でのヘアケアと美容院・サロンでの使用金額の両方において60代が最も高い平均金額となった。一方、40代はいずれも他の年代と比べて1番低い平均金額となっている。

◆美容院・サロンの利用実態については、この1年間の平均利用回数が4.2回となり、2020年よりも0.4回減少。さらに、美容院・サロンに通った人の中で来店時に商品を購入した人の割合は28.1%で、2020年よりも0.9pt減少。購入アイテムは、Top5の中で唯一「ヘアオイル」の購入率が増加する結果となった。

◆このほか、新型コロナウイルスの影響で変化した取り組みとしては、約2割の人が「スタイリング剤の購入頻度が減った」と回答した。一方、新たな傾向として「自宅でヘアカラーをするようになった」人は18.2%となり、そのうち8割以上の人がコロナ禍収束後も続くと思うと回答している。

◆当レポートでは、女性の頭皮・髪に対する考え方や利用実態、活用している情報源、美容院・サロンの利用実態、さらにコロナ禍における変化などについて調査。年代別に加えて、「こだわりタイプ」「プチプラタイプ」「コスメ好きタイプ」「やりくり美容タイプ」「無関心タイプ」「ファストコスメタイプ」「保守派タイプ」の7つのクラスターでも分析している。また、2020年より毎年調査を行っており、女性の頭皮・髪に対する意識・実態の変化を探っていく。

【調査方法】
■WEBによるアンケート調査
■調査エリア:全国
■対象:スキンケアおよびメイクアップを週に1回以上行う人1,236人(20~70代の女性10,000人から抽出)

【主な調査内容】
◆頭皮・髪の悩み
◆頭皮ケアと頭皮・髪悩みの相関性
◆ヘアケアにおいて求めること・惹かれること
◆ヘアケアアイテムの使用実態
◆白髪染めの実態・不満点
◆美容院・サロンの利用実態
◆頭皮・髪に関するトレンドワードと意向
◆コロナ禍における頭皮・髪関連の変化 など

【調査実施日】
2021年4月26日

目次
■調査概要
■被験者特性
■事前調査編
■分析編
■集計編
■調査票

【分析編】
1.頭皮・髪に関するキーワード
2.頭皮・髪に関する悩みと原因
3.頭皮ケアと頭皮・髪悩みの相関性
4.ヘアケアの実態
 4-1.ヘアケアの実態①
 4-2.ヘアケアの実態②
5.白髪染めの実態・不満点
6.美容院・サロンの利用実態
7.頭皮・髪に関するトレンドワードと意向
8.コロナ禍の変化
8-1.コロナ禍による変化
8-2.コロナ禍におけるヘアケアの実態
9.今後のニーズ
10.クラスター分析
 10-1.クラスター:無関心タイプ
 10-2.クラスター:プチプラタイプ
 10-3.クラスター:やりくり美容タイプ
 10-4.クラスター:保守派タイプ
 10-5.クラスター:コスメ好きタイプ
 10-6.クラスター:こだわりタイプ
 10-7.クラスター:ファストコスメタイプ

【集計編】
1.現在「美容」について意識していること(MA)
2.頭皮・髪に関するキーワード
 2-1.頭皮・髪に関する「キーワード」認知度(MA)
 2-2.頭皮・髪に関する「キーワード」理解度(MA)
3.年齢による「頭皮・髪」の変化(MA)
4.理想とする/最も理想とする頭皮・髪(MA/SA)
5.頭皮・髪に関する悩み
 5-1.現在気になっている/最も気になっている「頭皮・髪」悩み(MA/SA)
 5-2.将来不安に思う頭皮・髪の悩み(MA)
6.「頭皮・髪」悩みの原因(MA)
7.悩みの開始年齢(SA)
8.「頭皮」ケアの意識(SA)
9.頭皮ケアの方法(MA)
10.「頭皮・髪」のケアを行う理由(MA)
11.ヘアケアの使用アイテム
11-1.現在使用している/吟味しているアイテム(MA/SA)
11-2.コロナ禍で使用頻度が増加したアイテム(MA)
12.すべてそろえたときの総額(SA)
13.シャンプーに求める/特に重視する機能・効能(MA/SA)
14.決め手となる情報源(MA)
15.アイテムを選ぶ際のポイント/特に重視していること(MA/SA)
16.ブランド(一般向け)
 16-1.知っているブランド(MA)
 16-2.現在使用しているブランド(MA)
 16-3.今後(も)使用したいブランド(MA)
17.ブランド(美容院・サロン専売)
 17-1.知っているブランド(MA)
 17-2.現在使用しているブランド(MA)
 17-3.今後(も)使用したいブランド(MA)
18.頭皮・髪にとって良いと思う成分(MA)
19.魅力的だと思う「キーワード」(MA)
20.頭皮・髪のケアに対する意識(SA)
21.髪や髪型で憧れる有名人(FA)
22.パーソナルケアの購入意向(SA)
23.パーソナルケアの価格受容性(FA)
24.環境配慮に関する意識と実態(SA)
25.美容院・サロンの利用頻度(SA)
26.美容院・サロンのメニュー
 26-1.美容院・サロンで、この1年間で行ったメニュー(MA)
 26-2.美容院・サロンで、現在行っているメニュー(MA)
27.美容院・サロンで行う黒髪染め・ファッションカラーの色(SA)
28.美容院・サロンでの商品購入(MA)
29.美容院・サロンで商品を購入したきっかけ(MA)
30.美容院・サロンに求めること(MA)
31.美容師とのコミュニケーションに求めること/最も求めること(MA/SA)
32.美容院・サロンでの利用総額(SA)
33.自宅での白髪染め方法(MA)
34.自宅での白髪染め頻度(SA)
35.白髪染めに対する不満(MA)
36.現在の白髪染め方法を選ぶ理由(MA)
37.白髪染めアイテムを選ぶ「キーワード」(MA)
38.グレイヘアの認知度(SA)
39.今後の白髪対策の意向/最も近い考え(MA/SA)
40.自宅で行う黒髪染め・ファッションカラーの色(SA)
41.ヘアカラーに対する意識(SA)
42.現在の髪型・髪質(SA)
43.使用するスタイリング剤の種類(MA)
44.コロナ禍における変化(SA)
45.今後も続くと思うコロナ禍の傾向(SA)
46.敏感肌の意識(SA)
47.ライフスタイルに関する意識と実態(SA)

体裁:データ(レポート本文のPPT、PDF、ローデータを収録)
※【CD-ROM収録内容】
1)本文PDF 2)本文パワーポイント
3)データ編(基本クロス集計・単純集計・ローデータ・調査票・FA)

発刊日:2021年6月8日