2017年 カフェフードの市場分析調査

―季節性・高品質・健康志向を考慮した商品開発が活発―

商品番号 mr110170386
価格 ¥ 95,700 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


概要
【調査趣旨】
◆2016年度のカフェ(喫茶店)市場は、1.0%減の1兆1,666億円となった。大手のカフェチェーンの台頭により、喫茶店市場の大半を占める個人経営の小規模な店舗が縮小傾向にあるとみられ、市場全体としては伸び悩む傾向にある。この内、今回調査を行ったフード分野(カフェフード)は、前年比0.3%減の2,672億円と微減で推移した。大手カフェチェーンのカフェフードについては概ね堅調に推移したものの、小規模な喫茶店については、同業の店舗だけでなく、他の外食業態との競合も激化している。

◆大手カフェチェーン企業は、競合店との差別化を図るために、独自のフードメニュー開発を強化する傾向にある。種類別では、サンド類やトーストなどのパンメニューを主力とし、商品開発を強化する企業が多い。また、単価の高いパスタの展開に注力する企業もみられる。具体的な商品政策としては、旬の食材を使用するなど季節性を考慮した期間限定商品、原材料にこだわり、高品質を訴求した商品、また消費者の健康志向に対応したヘルシー志向の商品の開発が進んでいる。

◆当該資料では、カフェ(喫茶店)で展開する食事系フード(=カフェフード)の市場を種類別に調査。合わせて、カフェフードの食材マーケットも分析している。また、全国110社のカフェ展開企業の売上実績、店舗展開状況、食材仕入先等を明らかにし、食材メーカーの営業開拓のためのデータとして提案する。

【調査期間】
2017年7月~2017年10月


目次
【調査概要】
【集計編】
1. 調査範囲
 1)カフェフードの調査範囲
 2)調査対象企業数
2. カフェチェーン企業のアイテム集計
 1)種類別
 2)種類別・メーカー別
 3)食材別
3. カフェフードのマーケット分析
 1)カフェ市場におけるカフェフード市場の位置付け
 2)カフェフードの種類別市場規模推移
 3)企業別シェア
4. カフェ企業の地域別売上高ランキング
 1)北海道・東北
 2)関東
 3)甲信越・北陸・東海
 4)近畿
 5)中四国・九州
5. カフェ企業の店舗展開状況
 1)全国
 2)北海道
 3)東北
 4)関東
 5)甲信越
 6)北陸
 7)東海
 8)近畿
 9)中国
 10)四国
 11)九州
6. カフェフード向け食材のマーケット分析
7. カフェチェーン企業10社の食材仕入れ部署及び仕入れ先
8. カフェ企業の食材仕入れ先一覧
9. カフェチェーン企業10社の店舗展開状況
10. カフェチェーン企業10社の商品政策
11. カフェチェーン企業10社の今後の方向性

【個別企業編】
《大手カフェチェーン企業》
◆㈱ドトールコーヒー
◆タリーズコーヒージャパン㈱
◆㈱サンマルクホールディングス
◆㈱コメダ
◆㈱プロントコーポレーション
◆ユーシーシーフードサービスシステムズ㈱
◆スターバックスコーヒージャパン㈱
◆㈱シャノアール
◆㈱ポッカクリエイト
◆ジェイアール東日本フードサービス㈱

―調査項目(各社共通)―
1.企業概要
2.フードメニュー商品一覧
3.アイテム集計
 1)種類別集計
 2)食材別集計
4.カフェフード売上高
 1)カフェ売上高に占めるフード売上高の割合
 2)種類別売上高
5.製品及び食材の仕入れルートと主要仕入先
 1)仕入れルート
 2)主要仕入先
6.商品政策
7.今後の方向性

《地域のカフェ企業》
◆北海道・東北
◆関東
◆甲信越・北陸・東海
◆近畿
◆中四国・九州


資料体裁:A4判 152頁
発刊日:2017年10月13日