【実査中 マルチクライアント調査企画】
2021年 男性更年期の実態・対策調査

―「男性更年期」に関するメンズヘルスを徹底調査―

商品番号 cr220210450
  • 実査中
価格 ¥ 429,000 税込
◆購入商品を選択してください。 (必須)
【調査ポイント】
◆2021なぜいまメンズヘルスなのか?
・団塊ジュニアが更年期世代に突入
・ヘルスケア企業が男性更年期対策に注目
・男性ホルモンの低下が起こる最大の要因はストレス。特に、若年男性はストレスを感じやすい※
<※若年男性(20・30代) ストレスを感じる 38.6% 不安感が増した 32.4%
TPC参考データ・・・2020健康と栄養の意識・実態調査>
・男性ホルモンは、精力増強のためではなく、「男性の健康」のために必須
◆男性更年期の特徴
・期間が長い(40代~70代の約40年間いつでも起こりうる)
・症状が多岐にわたる(性欲の低下/興味意欲の減退/疲れやすい/イライラ/不安/うつ/睡眠障害/頻尿/疲れやすい)
◆男性更年期の課題
・男性更年期(男性ホルモン・テストステロン)の認知度は?
・悩みの深さ 度合 原因は?
・症状別の対策タイミングは?いつ、どんなときにサプリメントを摂り始めるのか、医療機関へ行くのか
・にんにく、マカ、亜鉛、どの成分にどういう効果があるとおもっているのか?
・女性用の更年期対策商品を利用している?
・解消して、どうなりたいのか、なりたい像・イメージ

<男性更年期対策商品のターゲティング提案>
症状度合別、年代別、TPC独自クラスタ別

【調査方法】
全国Webアンケート調査(質問数:40問程度)

【調査対象】
AMSチェックシートで軽度以上に該当し、サプリメント、ドリンク、OTC、漢方などを継続的に摂取し対策している40~70代男性600サンプル
※現ユーザー600サンプルの確保を目指しますが、スクリーニングの状況によっては不足する場合もございます。

【調査項目】
◆被験者特性
・年齢、未既婚、子ども有無、世帯年収、個人年収、居住地、職業→(基本属性)
・ライフスタイル、生活習慣、疾患の有無 → クラスター分析、疾患

◆スクリーニング調査
・AMSチェックシート回答→点数化 軽度・中等度・重症度の割合
・症状に対して継続的に行っている対策
→AMSチェックシートで軽度以上+サプリメント、ドリンク、OTC、漢方など食事以外のものを継続的に摂取して対策している人が調査対象

◆男性更年期/症状の意識・実態
・自身にあてはまる男性更年期の症状
・男性更年期症状の発症年齢
・男性更年期症状の日常生活への影響度
・男性更年期症状の日常生活への影響
・男性更年期症状の原因
・普段感じているストレス
・男性更年期障害の認知度
・自身が男性更年期障害だと思うか
・男性更年期障害でないと思う理由

◆男性更年期症状の対策・治療・購入場所
・男性更年期症状を改善するために食べている食品 
・有効成分の認知度・摂取率
・有効成分に期待する効果
・有効成分の摂取理由
・対策商品(ドリンク)の認知度・摂取率
・対策商品(サプリメント)の認知度・摂取率
・対策商品(OTC・漢方)の認知度・摂取率
・対策商品(ドリンク、サプリメント、OTC・漢方)の摂取期間
・対策商品(ドリンク、サプリメント、OTC・漢方)の摂取タイミング
・対策商品(ドリンク、サプリメント、OTC・漢方)の購入チャネル
・対策商品(ドリンク、サプリメント、OTC・漢方)にかける1ケ月あたりの金額
・対策商品(ドリンク)のブランド選択理由
・対策商品(サプリメント)のブランド選択理由
・対策商品(OTC・漢方)のブランド選択理由
・対策商品(ドリンク、サプリメント、OTC・漢方)に期待した効果
・期待した効果の実感度
・対策商品(ドリンク、サプリメント、OTC・漢方)の摂取きっかけ・理由
・男性更年期症状による受診の経験
・受診のきっかけ・理由
・男性更年期障害の情報源
・男性更年期の相談先
・男性更年期に対する意識・考え方
・新型コロナウイルスの影響
・男性更年期症状の治療・対策にかけられる1ケ月あたりの費用
・男性更年期症状の対策商品における魅力的な訴求
・男性更年期症状を改善してどうなりたいか
・現在患っている疾患
・価値観・ライフスタイル(クラスター分析)

レポート発刊予定:2021年7月下旬
頒価:429,000円(税込)
体裁:データ(レポート本文のPPT、PDF、ローデータを収録)