2016年 アジアの健康食品市場

―セルフメディケーション意識の高まりにより、成長を続けるアジア市場―

商品番号 mr130160305
価格 ¥ 95,700 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


概要
【調査主旨】
◆アジアの健康食品市場では、中国や日本を筆頭に、多くの国が拡大を続けている。特に、韓国や台湾が牽引する形で市場規模が大きく伸長している。要因としては、高齢化社会を背景としたセルフメディケーション意識の高まりや富裕層の増加などが挙げられる。また、インドでは伝統医療の一種として市場に定着しているアーユルヴェーダ製品も需要が強くなっており、市場規模は拡大している。

◆対象8ヵ国における市場規模は2015年度で前年比13.0%増の1兆6,463億円となった。比較的先進国である国は、錠剤やカプセルといったサプリメントの需要が高い傾向にある。「基礎栄養素補給」を中心に、「滋養強壮」や「免疫賦活」「美肌・美白」「脳老化防止」などを訴求した商品が多く展開されている。また、アジア地域では、肥満が問題視されている国が多く、ダイエット効果を訴求した健康食品のニーズも強い。こうした市場を狙って、日本を含めた外資企業も活発な動きを示している。

◆当資料では、アジアの中でも成長が著しい台湾、韓国、インド、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシア、マレーシアの主要8ヵ国を調査対象とし、健康食品の商品分析、市場規模、販売ルート、今後の市場性など、多面的な視点から調査を行っている。

【調査対象】
サプリメント…錠剤、カプセル、タブレット、顆粒、粉末
機能性飲料…液体(美容飲料・エナジードリンク・栄養強化乳飲料等)、粉末、
      ティーバック(ハーブの茶葉のみ)等
その他…栄養強化ビスケット・バー、濃縮エキス等
ハーブ製品…アーユルヴェーダ、JAMU(ジャムゥ)等


目次
【調査概要】
【集計・分析編】
1.調査対象範囲
 1)調査対象地域
 2)調査対象商品
 3)為替レート
2.調査対象各国の健康食品における規格基準制度
3.調査対象各国の商品分析
 1)各国の商品展開
  ①主要成分別アイテム数
  ②効果・目的別アイテム数
 2)各国の商品化傾向
4.調査対象各国の市場規模分析
 1)国別市場規模
 2)各国の分野別市場規模
 3)各国のチャネル別市場規模
5.調査対象各国の主要販売チャネル
6.調査対象各国の主要企業展開状況
7.日本企業の参入状況
8.今後の市場性
 1)各国の市場規模予測
 2)各国の今後の市場性

【国別編】
1.台湾
2.韓国
3.インド
4.タイ
5.シンガポール
6.ベトナム
<簡易編>
 I.インドネシア
 II.マレーシア

―調査項目(各国共通)―
1.国の概況
 1)国の基礎情報
 2)国民の健康意識
2.健康食品の規格基準制度
3.調査対象範囲
4.商品展開
 1)商品一覧
 2)商品分析
  ①規格取得商品の構成状況
  ②主要成分別アイテム数
  ③効果・目的別アイテム数
 3)商品化傾向
5.市場規模分析
 1)分野別市場規模
 2)成分別市場動向
 3)メーカー別シェア
 4)チャネル別シェア
6.販売ルート特性
7.各販売ルートの主な販売店一覧
 1)薬局・薬店、ドラッグストア
 2)スーパー、小売店
 3)百貨店
 4)通信販売
8.主要企業一覧
9.日本企業の参入状況
10.今後の市場性
※簡易編は8.主要企業一覧9.日本企業の参入状況を省略


資料体裁:A4判 121頁
発 刊 日:2016年7月7日