◆2022年12月下旬発刊予定◆

2022年 業務用プラントベースフード市場の動向と将来展望Ⅱ
ープラントベースのカテゴリーが広がり市場は活性化!ー
[書籍+PDFセット版]

商品番号 mr110220594

予約商品です。
お届け時期は目安です。前後する場合がございます。
予約商品は配達日を指定できません。

  • 予約特典PDF版無料進呈
予約商品
通常価格 ¥ 119,900 税込
予約販売価格 ¥ 108,900 税込
◆購入商品を選択してください。 (必須)
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します
※発刊日・内容については、予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。


<POINT>業務用プラントベースフード市場の全貌を明らかにする

【調査概要】
◆近年、世界では“たんぱく質クライシス(危機)”や温暖化ガスによる環境汚染、ヴィーガン(菜食主義者)の増加などを背景に、プラントベースフード市場が急速に拡大している。

◆特に、欧米では“肥満の深刻化”や“環境意識の高まり”といった社会課題から自身の食生活を見直す意識が高まり、プラントベースフードのニーズは高まっている。

◆一方、日本では欧米に比べて肥満が深刻化しておらず、環境への意識も低いことから、これまでプラントベースフードは一部のユーザーにしか受け入れられていなかった。しかし、ここ数年でプラントベースフードは低脂肪、低カロリーといった特徴が現在の健康志向とマッチして注目を集めるようになった。

◆さらに、食品メーカーにとっては自社の健康戦略やサステナブル戦略の一環としてプラントベースフードを展開するケースが急増。こうした動きが活発化していることから、メディアでも取り上げられることが増えたため、消費者の興味・関心を集め、日本においても市場は拡大傾向にある。

◆例えば、プラントベースフードの市販品が増えたのはもちろん、プラントベースフードをメニューに取り入れる外食店やプラントベースフードを使った弁当・惣菜を販売するスーパー・コンビニエンスストアが増加。その他、ホテルが提供する料理や、新しい食育プログラムとして学校給食にプラントベースフードが採用されるケースもみられるなど、各方面でプラントベースフードが盛り上がりを見せている。

◆そこで、今回はプラントベースフードの中でも特に全体像が掴みにくいとされる業務用市場に着目。「Ⅰ」では業務用の代替肉に、「Ⅱ」では業務用の代替乳製品や代替卵、代替魚などに焦点を当てて、調査を実施する。それぞれで参入企業の動向や商品傾向、市場規模、今後の展望をまとめることで、今後のマーケティングや商品開発に役立つ情報として提案する。


【調査項目】
<Ⅱ.代替乳製品、代替卵、代替魚、その他>
1.調査概要
 1.調査目的
 2.調査対象
 3.調査対象企業
 4.調査方法と留意点
2.市場概況
 1.グローバルにおける日本のポジショニング
 2.市場背景
 3.業務用プラントベースフード市場の沿革
 4.市場への参入状況
3.商品展開状況
 1.主要企業の商品展開状況
 2.品目分析
 3.商品分析
 (参考)商品一覧
4.市場規模
 1.プラントベースフード市場全体
 2.種類別市場規模推移
 3.用途別市場規模推移
 4.主原料別市場規模推移
 5.メーカー別シェア
 (参考)種類別×用途別
 (参考)種類別×メーカー別
 (参考)用途別×メーカー別
5.今後の展望
 1.今後の市場性
 2.今後の企業動向
 3.業務用プラントベースフード市場の攻略ポイント