2022年 製薬企業のデジタル戦略 ー DTx編 ー

商品番号 mr310220596
価格 ¥ 108,900 税込
購入商品を選択してください。 (必須)
※法人パッケージ版以外は、事業所内限定商品となります。
法人のお客様はご注文手続き画面の【通信欄】にて貴社名及び部署名を記載いただくようお願い致します


担当リサーチャーインタビュー記事掲載中!!
―リサーチャーに聞く!#14『製薬企業のデジタル戦略-DTx編-』調査のポイント
https://www.tpc-cop.co.jp/topics/2835/


概要
【調査趣旨】
◆世界のDTx製品市場は、まだ導入期の段階で市場は形成されて間もないが、2021年度は前年度から69.9%増で推移した。拡大要因としては、代謝領域、精神・神経領域の多数の新製品が上市されたことに加え、既存製品の市場浸透が挙げられる。

◆代謝領域では、糖尿病を対象としたアプリ「BlueStar」(管理・支援)、「Livongo」(予防) をはじめ、既存製品が米国を中心に順調に市場へ浸透している。また、精神・神経領域では2019年以降、欧州(ドイツ)でDiGA法に基づいた新製品が上市されており、市場が形成されつつある。

◆これら疾患は、日ごろの生活習慣・生活様式を見直すことが予防・寛解につながることから、アプリでコントロールすることが有効である。また、利用者がアプリに情報を入力することによって、治療上のメリットがあるだけでなく、データによる医療の最適化も図ることができる。このことからもパイプラインは豊富で、今後ますます市場は拡大していくと予想している。

◆さらに、その他領域においても国内・海外ともに近年、製薬企業が同市場への参入を図っている。具体的には外部と提携を結び、代謝、精神・神経に加え、新たに癌、心臓・血管、免疫・炎症などを適応症とするパイプラインを獲得している。今後、DTx製品市場は様々な領域で製品が上市され、拡大傾向が続くとみられる。

◆当資料では、DTx製品市場の実績を含め、2025年、2030年、2035年の長期予測を分析。その結果、2035年時点で日・米・欧の各地域の市場は2021年度から2桁以上の成長を遂げると予想している。そのほか、製品展開、開発状況などについてもレポートしている。

◆なお、調査対象は、プログラム医療機器ソフトウェア (SaMD)内の承認・認証が必要なデジタルな医療機器、Medical Deviceとしている。「歩数計測」や「ダイエット・食事記録」「服薬管理」等の健康増進アプリは調査範囲に含めていない。

【調査期間】
2022年6月~2022年9月

【調査項目(総市場編)】
1.DTx製品の規制制度
  1). 定義
  2). DTx製品に関する法的取り扱い
   ①日本
   ②米国
   ③欧州(ドイツ)
   ④欧州(英国)
2.製品一覧
3.開発一覧
4.DTx製品の市場規模
  1). 世界のDTx製品の市場規模
   ①地域別市場規模
   ➁領域別市場規模
   ③種類別市場規模
  2). 日本におけるDTx製品の市場規模
  3). 米国におけるDTx製品の市場規模
  4). 欧州におけるDTx製品の市場規模
5.DTx製品の市場予測
  1). 地域別市場予測
  2). 領域別市場予測
  3). 日本における領域別市場予測
  4). 米国における領域別市場予測
  5). 欧州における領域別市場予測

通貨換算
◆ドル/円…2019:109 2020:107 2021:109 2022:122(見込)
◆ユーロ/円…2019:122 2020:122 2021:130 2022:133(見込)

資料体裁:A4判67頁
発刊日:2022年9月21日